一方的に別れを告げられてLINEなどをブロックされてしまった人の復縁方法

一方的に別れを告げられてLINEなどをブロックされてしまった人の復縁方法

二人が交際期間中に、相手を不安にさせたり面倒くさいなどと思わせるような事があり別れる際に一方的にLINEなどで別れを告げられてしまいそのままブロックされた方や、一方的に別れを告げられてしまったショックと焦りから相手にしつこく復縁を迫ったり、突然の事で何が何だか分からなくてとにかく理由を理解しようと相手にしつこく訊いてしまったりで、復縁したいのに相手に恐怖心や嫌悪感を抱かせてしまいブロックされてしまった方など、ご自身で復縁活動をする事に物理的な壁があり、どうすれば復縁出来るかでお悩みの方が多くいらっしゃいます。

では、LINEをブロックされてしまった、着信拒否をされてしまったなどで連絡の取れなくなってしまった相手の方と、どの様にすれば復縁出来るのかを以下に纏めさせて頂きます。

ブロック・着拒などで相手と直接連絡が取れない人の復縁方法

自己改善

  1. 自分自身の改善をする:相手にアプローチする前に、自分自身が相手にとって理想的な状態になることが重要です。反省に基づいて自分自身を改善することで同じ過ちを繰り返さないという自信を持ち、相手に受け容れて貰えるように変わる事で復縁の可能性を高めることができます。

    相手の気持ちを尊重する

  2. 相手の気持ちを尊重する:相手が復縁を望んでいない場合は強引にアプローチすることは避け、相手の気持ちを尊重することが大切です。相手が復縁に興味を持ち始めた場合でも急かすことなく相手との関係をゆっくりと修復することが理想的です。

    相手に対してポジティブな対応をする

  3. 相手に対してポジティブなアプローチをする:相手に対してポジティブなアプローチをすることが大切です。自分自身で連絡が取れない場合には相手の友人や家族を通じてメッセージを伝えたりすることで反省や謝罪を伝える事ができます。ただし、相手の意に反してストーカー行為のように感じられるような行動を取らないように注意しなければなりません。
    相手との共通点を探す

  4. 相手との共通点を探す:相手との共通点を見つけそれを基盤として関係を修復することも大切です。共通の趣味や興味を持っている場合、例えばスポーツジムやゲームなど接点が再びあったとしても不思議ではない環境などを活用して関係を修復することができます。
    時間とかける

  5. 時間をかける:復縁には時間がかかることが多いため、焦らずにゆっくりとアプローチすることが必要です。自分自身の改善やポジティブなアプローチを続け、相手との関係を徐々に修復することが大切です。

以上の方法のうち、自分自身を改善し相手に対してポジティブなアプローチを続けることが最も重要なポイントです。また、復縁には時間がかかることを念頭に置き相手の気持ちを尊重しながら自然な流れで復縁を目指すことが理想的なのですが、この方法ですといくつかの問題点も孕んでしまいます。

相手の本音がわからない

  1. 相手の本音が分からない:自分自身の改善が重要というのはその通りですが、どう改善していくかは相手がどう感じていたのか?が分からなければなりませんので別れる際の相手が本音や本心を語っている事が前提になります。

    相手とどうやっても連絡が取れない
    相手とどうやっても連絡が取れない:昨今マッチングアプリなどネットやアプリでの出会いが多く、共通の友人や相手の家族などを知る機会がなく間に入ってくれる第三者が居ないという事が多くあります。また、相手方の友人を介してのアプローチもその友人は相手の人の友人ですのであなたの為に動いてくれる保証もありませんよね?その為連絡が取れないという状況が改善しない限り復縁に向かう事もありません。

    本当に時間をかけていいの
    本当に時間をかけていいのか?:嫌な記憶や経験も、ある程度の時間の経過が解決してくれることがありますが、その時間の経過は良い思い出も風化させてしまう事もあり諸刃の剣となります。また、時間を空ける事により復縁したい相手に新しいパートナーが出来てしまう事もあるのでタイミングは大切です。もう少し早ければ、もう少し待っていれば等時間によって左右されてしまう事があるのでその見極めが重要になります。

上記の様な問題点があり連絡先のブロックをされてしまった人のご自身の力で行う復縁工作は非常に難しいと言えます。その為こういったケースですと復縁屋への相談が多くあり、今度は復縁屋を選ぶ為に復縁とは別のところで悩み始めてしまいます。

下記に弊社RGBが行った復縁工作の成功例を記載いたしますので参考までにご覧下さい。

復縁工作の内容

依頼者情報OJ様 男性 39歳 建築関係 東京都
対象者情報MM様 女性 30歳 看護師 東京都
契約内容復縁工作【G(great)プラン】稼働回数10回+空振り保証2回(合計12回)
相談内容ケンカをする度に感情的に怒りをぶつけてしまい、『別れよう』と何度も言ってしまった事から彼女に呆れられてしまい別れを告げられてしまった。

 

今回の依頼者様は対象者の住所・職場・立ち寄り先などの情報についてもご提供頂き、事前確認調査を行い対象者の行動確認をして接触場所として予定していたイタリアンバルに行く事も確認して調査を終え、対象者に合わせた工作員の選定して今回は対象者が好きなワインについての知識を付け、調査で確認した対象者の通うイタリアンバルで初回の接触をしました。

初回の接触ではワインについての話が盛り上がり、適度なところで引き上げ『また会った時ゆっくり話しましょう』という事で工作員をあっさり引かせ、好印象を植え付けて次の接触に繋ぎました。

初回での連絡先の交換が出来る時にはもっと積極的に交流を持つ事もあるのですが、今回のケースですと依頼者様からヒヤリングさせて頂いた内容と、工作員が実際に体感した警戒心の高さがあった為、関係性の構築を丁寧に進めていきました。

結果的に連絡先の交換に至るまでに3回の接触を要し、連絡先の交換が出来てからは普段からのLINEのやり取りで交流を重ねて対象者と約束をして飲食店に出掛けるようになり恋愛話しを掘り下げていき依頼者様の話題に触れる事が出来、さらに話を掘り下げて対象者の目から見た別れを選んだ理由を聞き出していきました。

別れた理由は相互に食い違いがある事が多く、その為復縁を求める側がいくら自己判断で改善を試みてもその改善自体が間違った方向に進んでおり、復縁を求められる側の本心とズレている事があります。 その為対象者の本音や対象者側から見た原因や理由を聞き出す事が必須になります。 対象者から見た二人の別れた切っ掛けは依頼者様が理解していた通りに別れを切り出したことでしたがその原因は違うものでした。

対象者は事ある毎に別れ話をする依頼者様に嫌気がさしたというよりは依頼者様をいつも不安にさせてしまう自分に嫌気がさしたというもので、自分と一緒に居ても幸せになれないと思い別れ話を切っ掛けにその言葉を受け容れて別れる事にしたとの事で、ここが大きく依頼者様の認識と違うところでした。

これらの話を聞けたことでLINEブロックの解除よりも先に偶然を装って再会させて、それをブロック解除の切っ掛けにする事で早期解決が見込めると判断した弊社では対象者と工作員の予定を組み偶然を装って再会させました。

その際に工作員の誘導で会話を交わす事が出来、その場でブロックの解除に成功して依頼者様と対象者のLINEのやり取りが再開し、二人で会えるまでになりました。 二人で会う事を繰り返して頂き工作員も対象者に接触をして依頼者様との復縁を促していき、依頼者様に告白のタイミングを伝え対象者に復縁を申し出て頂き復縁工作は成功しました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!