冷却期間は状況に応じて対応した方が良い

冷却期間は状況に応じて対応した方が良い

別れてしまった相手と事を何か月も何年も想い続ける事って、恥ずかしい事で未練がましいと思いますか?
復縁を望まれる方で特に男性側から『こんな男って女々しいですよね…?!』という発言を聞く事が多くあります。
別れてしまった原因は様々あるかと思いますが、相手の事を一途に思い続ける事は決して女々しい事ではありませんし、恥ずかしい話ではありません。
何故この様に男性は思う事が多いのでしょうか?

男性と女性の性格の違いから?

復縁に取り組む気持ちは、男性・女性によって大きく変ってきます。
女性側は『復縁する』と決めたら腹の座り方が男性側と違い気持ちのブレは少ないのですが、逆に男性は『復縁する』と決めてもその後に気持ちのブレを起こす方が非常に多く見受けられます。
また復縁を決断するまでに、男性は『自分が考える男らしさ』を勝手に決め込んでしまい、自分から復縁を申し出て『もし相手に受け入れてもらえなかったら恥をかく』とマイナス面で捉えてしまい中々前へ進む事が出来ないという傾向がよく見られます。
男性の場合、復縁までに取り組むまで時間が掛かってしまい、長い時間ずっと相手の事を思い続けてしまい、自分自身を『女々しい男』と思い込んでしまうのです。
別れてから時間を掛けてしまうと相手の状況も変わってしまいますし、また新たな交際相手が見つかってしまう事だってある訳です。
よく復縁するのには『冷却期間が必要』と言いますが、この冷却期間というのは状況に応じてなので誰にでも必ず当て嵌まるわけではありません。

復縁を言い出すタイミングは早すぎてもダメ!遅すぎてもダメ!

復縁は『振られた側・振った側』どちらも思うものです。
自分の立場がどの位置に属するかによりますが『早すぎても・遅すぎても』ダメなのです。
早すぎては相手の気持ちの整理はついていない事がありますし、遅すぎては相手の気持ちはすでにあなたとの思い出は過去のモノになっておりますので、どうやってもうまく行きません。
ではどのくらいの冷却期間必要なのか…はそれぞれ違いますので今の段階でハッキリ申し上げる事は出来ません。

個々の別れた経緯や状況もありますので、個別の面談時にお話をさせて頂く他ありません。しかしご相談は早い段階で頂いた方が今後の対策を立てやすいのは間違いありません。
別れた相手を想う気持ちを持つ事は決して未練がましい事ではありませんし、女々しい事でもありません。
それは男性であっても、女性であっても変わりはありません。
復縁をしたいけれども『どう気持ちを伝えたら良いのかわからない』とお悩みの方は復縁屋への依頼を検討してはいかがでしょうか?
復縁のプロによる復縁工作は、あなたの悩んでいる状況や問題を解決する事が出来ます。
現状を変える為の一歩として、RGB恋愛応援団へどうぞご相談下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!