復縁するにはどのような事に気をつければ良いか?

復縁するにはどのような事に気をつければ良いか?

別れてから時間が経ってしまうと『もう復縁できないかな…』『もう忘れられてるかな…』と、ネガティブに考えてしまいがちです。

たしかに、別々の道を歩んで行く訳ですから、それぞれの環境に変化が訪れるのは間違いのないことです。

しかし、よく『運命の人ならまた出逢える』という言葉があるように、実際何年か越しに再会し再び交際するカップルもたくさんます。

そのため『別れて何年も経つし、もう復縁は出来ないな』と、決めつけて諦めてしまうのは勿体ないことなのです。

今回は別れてから何年も経っていて、復縁するにはどのような事に気を付ければ良いかご紹介致します。

『別れてから時間が経っているけど復縁したい』と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

まずはじめに、ほとんどのカップルは別れてから1年未満に復縁しているケースが多いです。別れたことを後悔したり、やっぱり好きだと再確認するための冷却期間はだいたい1年未満だと言われています。
この理由としては冷却期間を設けているとはいえ、まだ別れて間もないため淋しさや情が抜けないからだといいます。しかし、早めの期間で復縁してみると、復縁後失敗してしまうというパターンというのも同時に多いのです。
本来、冷却期間中にしっかりと自分の反省点や相手の気持ちを考えなければならないのに、別れて間もないと『早く復縁したい!』『他の異性に取られてしまうんじゃないか』という自分本位の感情が先行してしまい、冷却期間中に行わなければならない自己改善を怠ってしまう人がいます。こうなってしまうとたとえ復縁出来たとしても再び同じ理由で別れてしまうことになりかねません。このような事を考えると、たしかに別れてから1年未満に復縁しているカップルは多いですが、反対に、復縁出来る確率は高いけれど、再び同じような問題で別れてしまうカップルも同時に多いという事になります。

自力じゃ無理って人はプログラムを受けてみて下さい!


そのため、別れて何年も経っているから復縁出来ないと諦める必要はないのです。
実は、復縁って何年時が経っていても関係ないものなのです。
実際、別れて10年という長い時間がかかっても、復縁出来たカップルだっています。その理由として、別れてすぐの頃はお互いに嫌いなところがとても強く印象に残っています。しかし、別れて数年後は元恋人の嫌なところや悪いところよりも、良いところや楽しかった思い出のほうが、強く残っているものです。この状態であなたから連絡があったとしても、分を弁え対応すればよっぽど酷い別れ方をしていない限り嫌な気にはなりません。
最初は親しい知り合いに連絡をする感覚で礼儀正しく接して、徐々に友達関係になりましょう。

そこから徐々に友達以上恋人未満に発展させるのです。

別れた数年後に復縁するためには、『もう恋人同士じゃないこと』『今は他人であること』を強く意識する必要があります。

少し敏感に『こんなことLINEしたら嫌がられるかな?』『迷惑かな?』と考えて、 相手が不快にならないようなメッセージを送りましょう。

もう他人なのだからあなたのわがままを押し付けたり、『復縁して』としつこく迫ったりするとあっけなくフェードアウトされてしまいます。

そうならないように、気をつけましょう!

冒頭でお話したように、時間は環境やその人自身を変えるのです。

しっかり時間をかけて成長したあなたの姿を見せる事が出来れば、再び元恋人の心を取り戻す事が出来るかもしれません。

時間が経ちお互いに色々と経験して、さまざまな人との出会いを経て改めて自分や相手への理解が深まることもあります。

自分で自分の可能性を狭めないでいれば、最高の元恋人と再び結ばれることもあります。

別れて何年も経ったからといって復縁を諦めてしまう必要はありませんよ。

RGB恋愛応援団では、そいった状況下でどうしていいか分からないという方々のために、その復縁の切っ掛けを作る復縁工作を行っております。

復縁を本気でお考えの方は、お気軽に弊社RGB恋愛応援団までお問い合わせください。

復縁の切っ掛けを弊社なら作り出せます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!