対象者

対象者

対象者とは?

対象者とは
対象者とは

復縁工作のケースでは依頼者様の復縁したい元パートナーの存在を指します。元恋人、元旦那さん、元奥さん、不倫関係であったが元恋人、内縁関係だった元恋人など交際されていた方を指します。

別れさせ工作の場合は、別れて欲しいと願う存在になり、別れた元パートナーの新たなパートナー、ご自身のパートナーの浮気相手、依頼者様の恋の成就に対して弊害となる存在などを指します。

特定の人物を調査、工作をする対象となる人物を対象者と呼び、ターゲット、対象といった呼び方をするケースもございます。

浮気調査や素行調査、企業調査の場合、対象となる人物の事を対象者と呼び、探偵は対象者を定めて調査・工作依頼を承ります。

第二対象者とは?

第二対象者
第二対象者

第二対象者とは別れさせ屋工作や浮気調査の際に用いられる言葉で、浮気相手や不倫相手のように、対象となる人物と関わりのある人物を指し、第二対象者は稀に存在しない事もあり、調査依頼を受けた直後に別れていた、若しくは元々浮気や不倫をしていなかった…という事もあり、第二対象者の特定は交際しているであろう事を確認出来た状態で初めて特定に至ります。

そもそも浮気や不倫をしていない場合、第二対象者は存在しない事になり、第二対象者の存在が確認出来てからご依頼頂くケースが殆どです。

復縁工作を進めていく中であるケースが、対象者(元パートナー)に尾行調査をしている時に、新たなパートナーの存在が発覚してしまった。対象者と工作員が工作最中の会話の中で別のパートナーの存在を聞き出してしまい、後日確認を行うと事実確認が取れてしまった。対象者が浮気癖のあるタイプの人で事前に伺っていたパートナー以外のパートナーの存在も発覚してしまったなどがございます。このような事が発覚した場合にRGB恋愛応援団の場合は、ご契約頂いた稼動回数の中で自由に依頼を進めて行く事が可能になりますので、別契約をし直して追加費用を頂く事もありませんので、イレギュラーにも備える事が出来ます。

ここに注意して下さい。

復縁屋、別れさせ屋の業界で多いのが、例えば復縁工作で依頼契約を行いました。依頼を進めていく中で新たなパートナーの発覚などで依頼を進めて行く事が困難になった場合、その時点で依頼を終了するか?若しくは別契約を行い元々の成功の定義に繋げていく流れにしていく業者が多いのです。
別契約をするという事は、追加費用が伴ってきます。期間制の業者であれば残っている契約期間で別の事もやってくれても良いのではと思います。回数制の業者も契約回数が残っているのであれば別の事もやってくれても良いのではと思われる方が多いと思います。しかし、どの業者も追加費用を稼ぐために、受けた案件しか対応しないというスタンスを貫いて来る業者が多いという事を覚えておいて頂くと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!